民家に住むコウモリは益獣か?害獣か?

日本やアジアでは、コウモリは古くから益獣として扱われ、家にコウモリが住み着くと子宝に恵まれ縁起が良いとされてきた時代がありました。

現在でも、コウモリは人家周辺を飛ぶ蚊や蛾などの害虫を捕食するので、国の定める鳥獣保護法でコウモリは守られており、「コウモリは益獣」という扱いになっています。
また、法律上コウモリを直接殺すことはできなくなっています。

しかし、アブラコウモリ(イエコウモリ)は、民家の屋根裏が大好きなので、集団で入り込んで巣を作ってしまいます。
タヌキやクマなどの山の動物が、自然破壊でエサを求めて山里へ降りてくるというものと違い、好き好んで家の天井裏に入ってくるのです。

天井裏に巣を作られてしまうと、糞や尿による落下汚染とそれに伴う臭いやダニの発生、そして夜間の騒音(羽音や鳴き声)が起こりますので、当事者からすると立派な害獣と言えます。

もし自宅にコウモリを見つけたらすぐにお電話ください。
専門の薬剤を使用しコウモリを追い出し、フンや死骸を除去、消毒し、再度戻ってこないように閉塞いたします。