我々はコウモリ駆除にここまで行います。

コウモリを建物から追い出したとしても、帰巣本能でまた元に戻ってきてしまいます。

大切なのは、今いるコウモリを確実に追い出した後、コウモリの寄せ付けない環境にすることです。
またコウモリの糞尿を処理することも衛生上非常に大切です。

我々、新潟コウモリバスターズは、コウモリ駆除作業は以下のように行います。

帰巣本能とは
動物が住処(すみか)から離れても再びそこに戻ってくる生得的な能力のこと。コウモリも例外ではありません。

一般的なコウモリ駆除作業の流れ

コウモリを建物から追い出し
煙霧で追い出し作業コウモリのいる場所やコウモリの侵入口を探り当て、忌避剤や煙霧機を使用してコウモリを追い出します。
糞の撤去、死骸処分、清掃
糞とり作業悪臭や雑菌繁殖の原因となる糞尿、コウモリの死骸などコウモリ被害の後始末を行います。
消毒・殺菌・消臭&ダニ除去
消毒作業噴霧器を使用し消毒液の噴霧します。消毒・殺菌・消臭に加えダニ除去も効果があります。
塩素系消毒液の臭いがしますが、しばらくすると糞尿や獣の悪臭と共に臭いが低減します。
隙間の閉塞
閉塞作業
コウモリは1.5cm程度の穴(手の指が入る程度の大きさ)があれば建物の中に侵入してきます。
コウモリが再度入ってこないように閉塞パネル、金網、バックアップ材、パテなどを使用してコウモリの侵入口を徹底的に閉塞します。
忌避剤の塗布
忌避剤塗布作業閉塞に加え、コウモリが家に近寄らないように忌避剤を塗布します。
コウモリは一端追い出されても、同じ場所に戻ってくる性質がありますが、この忌避剤を塗ることによってコウモリはその場所には近寄らなくなります。
(コウモリだけではなくハト、カラス、スズメなどの鳥にも効果があります。)
使用する薬剤は、若干の臭いはしますが強力にコウモリの再来を防いでくれます。
コウモリ駆除なら新潟コウモリバスターズにおまかせ