コウモリは世界で唯一の空を飛べるほ乳類

コウモリは鳥でもなく虫でもなく、我々人間と同じほ乳類です。
卵で生まれるのではなく、母親のお腹から生まれ、すぐに母親のミルクを飲んで育ちます。

ムササビ、モモンガ、ヒヨケザルも空を飛びますが、飛行ではなく滑空ですので、完全に空を飛行できる唯一のほ乳類はコウモリのみです。

日本でよく見かけるコウモリ

アブラコウモリ民家近くでよく見かけるコウモリの大半が「アブラコウモリ」という種類のコウモリです。
別名「イエコウモリ」と言われるとおり、家の中に住処をつくります。

アブラコウモリの特徴

  • 夜行性
  • 人間の住む建物の中に巣をつくる
  • 蛾などの昆虫類を食べる
  • 超音波を出す
  • 目はあるが、ほとんど見えていない

コウモリの住み着く場所

  • 家の屋根裏
  • 倉庫
  • 駐車場
  • エアコンの中
  • 雨戸の戸袋
  • 瓦の下
  • 換気口の隙間
  • シャッターの中

コウモリの1年間の行動サイクル

春:受精
夏:出産(初夏)/外へ積極に飛び回る
秋:交尾
冬:冬眠

アブラコウモリ(イエコウモリ)の生態まとめ

分布北海道道央部以北を除く日本全土
営巣場所家屋の屋根裏・天井裏、工場の屋根や鉄骨の隙間、陸橋の下、高速道路の橋脚の隙間等。
主に人為的に作られた空間を好みます。
体長4~6cm
体重5~11g
繁殖期9~10月
出産6~7月に2、3匹出産
寿命3~5年

コウモリ駆除なら新潟コウモリバスターズにおまかせ